兼子ブログ① echo解説


ブログが開設、初記事を書いてみる。
最近といえば、GWをメガGWにしたり、携帯プランをギガモンにしたり、メガったり、ギガったりの俺だよ。

通信速度制限って、制限というより、遮断に近いよね。

まず何を書こうかと、
ということで我々のおニューなアルバムの曲解説をしてみようと思う。
いつか、この曲は夢の中で作ったんですよ的なそんなロマンチック且つエキゾチックな思い出をしたり顔で
語りたいと思っていた。というか個人的に人の曲解説すごく好きなんです。

今日はPVも出たし、echoについて、、、
この曲は電車の中で最初の呪文のような歌詞が出てきた。
キャニュシーうんたらの部分。
田園都市線、二子玉川あたりで思いついてi phoneのメモ&ボイスレコーダーで必死に
記録をしていた。用賀あたりで冒頭の前半ができ、駒沢大学あたりで後半ができました。
その間i phoneに向かって呪文のように冒頭部分を繰り返していたat 14時の田園都市線。
THE不審者だった。

その後家でエコーエコー!の部分を付け加え、バンドに持っていった。
その時の印象は謎の曲ができたといった感じだったけど、バンドでアレンジを固めていくときに
かなり素晴らしいものに進化していった覚えがある。
やはりひとりで悶々としているよりも、バンドで合わせた方が勢いがあったりするのだ。(実質一日でだいたい形になった)
その後さらに早口の限界に挑戦してみたり、キーボードを入れてみたりダンスを考案してみたり、山口さんの眉毛の太さに驚愕してみたり
いろいろな過程をえて今のスーパーハイパー早口ウルトラキャッチー四つ打ソングが完成したわけである
(因みにinsomnia girlの収録されたechoは前verよりBPMが2増えたり、THEバンドアレンジが施されている、BPM2あげたことを早口パートのレコーディングで涙ながらに後悔したのは懐かしい思い出です)

とまぁ色々書いてきたけど、今でも自分の中ではかなり好きな曲で、頼りにしている1曲です。
ライブでも定番だから、是非ようつべで確認して欲しい。
そしてライブでエコーとオアシスばりのシンガロングを起こしたい。

ということでこのへんでさらばだ!
鴨居に映画を見に行くのだ。